大損したFXを怖くて再開できていない。けど、終えたくない。

看護師をしています。週に5日勤務で年収480万円です。やや少なめのクリニックで勤務していますが、子供を一人保育所に通わせています。

所得税の額により保育料が決まるのであまり多くなくてもいいと考えています。他には趣味で不動産投資、株、FXをしています。自分の趣味が全てお金にまつわる事ですが、普段からお金に就いて考えるのは好きです。

いかに労力を使わずして豊かな生活を送るかを日々模索しています。仕事もそれなりに楽しく出勤しています。そんな私のお金の悩みは昨年、FXで大負けをしてしまいました。

総額500万円の損失です。540万円あった入金額は40万円になってしまいました。正直、ネット上の数字が変わっただけなので本当に無くなったのかは実感に乏しい所があります。

慌てて取引を倍かけにして数日で10万円は巻き替えしました。しかし、その後急にテンションが下がってしまい、そのまま全くFX取引のネット画面を開ける事が出来ません。少し恐怖心があります。

もしこのまま大負けし続けたら、生活費がなくなる…。そう考えると恐怖です。のめり込みすぎて、お金が無くなり家賃が払えない(http://xn--n8jh6hn14qf6gbo0e.jp/)なんてなったら、笑えないですよね。

っていうか、500万円も負けた時点でのめり込んでしまったんでしょうが。。。

しかし、気持ちのどこかに早く取り返さなければ!!という焦りもあります。そうこうしている内に数カ月が過ぎてしまいました。フルに仕事をしながら子育て、家事をこなしています。

FXに入れていたお金は私自身のお金ですので無くなった所で主人は何も言いません。実際言っても笑っているだけでした。私の今の悩みはどうにかして以前に様にFXを再びしたいと言う気持ちがあるけど実際には動けない、と言う事です。

レートのチャートは開いたりしますが、実際入力して指値でも買ったり売ったりの画面に到達する事が出来ません。又大損をするのではないかというビビっている気持ちがあると言うよりは以前よりもFXに興味を持てなくなった事もあります。

出来ればこんな形でFXを趣味でなくしてしまうのでは嫌なのでもう一度焦らず、楽しみながらFXを出来る気持ちになりたいです。

リハビリを兼ねて毎日一回はFX口座を開く事にしました。小さな金額を何回かに分けて取引をしています。数百円、数千円の額ですが利益が確定していると凄く嬉しいです。

学生ローンで矯正下着購入

初めてローンを組んで購入したものが、補正下着でした。大学生の時、友人の紹介で矯正下着の試着に行ってしまいました。誘われて断れず、試着だけだからという言葉でつい行ってしまいました。実際試着をし、良いとは感じませんでしたが、体のボディラインを意識して作っていかないと年をとっていくごとにどんどん崩れていくと言われました。今から下着をつけておけば、ずっと美しい体がキープできるという言葉で購入しようかなという考えに変わってきました。
ですが、大学生でアルバイトはしているものの、30万円近い物を買う事はハードルが高くローンを組むしかありませんでした。ローンはその下着会社が提携している所があり、ローンを組めば月々1,2、万円の返済で買えますよとうまいこと言われました。
1,2万円なら生活に支障をきたさず何とかなるかなと思ってしまい、ハンコを押してしまいました。
30万円の下着をローンで買ってしまったとは両親に言えず、一生懸命バイト代をあてました。

こういったところで学生が借りれるローンを組んでいました。

⇒参照:http://mechadeucsd.org/

今日までに、借り入れたけれども返せなかったなどの問題を引き起こした方については、新規キャッシングの審査をパスしてキャッシングを受けることは絶対にできません。当たりまえですけれど、現在だけではなく過去もその記録が、素晴らしいものじゃないとダメなのです。
なんだかこの頃はキャッシングという言葉とローンという単語の意味や使われ方が、ずいぶんと曖昧になってきていて、二つの言語の両方が大体一緒なニュアンスであると考えて、ほとんどの方が使うようになってきました。
様々なキャッシングの判断のもととなる審査項目というのは、申込んだキャッシング会社が定めた決まりで多少の開きがあるものなのです。大手銀行を母体に持つ銀行関連に申し込んだらシビアで、信販関連のキャッシング会社、百貨店などの発行する流通関連、消費者金融系の会社という順番で厳しくなくなります。
即日キャッシングとは、実際に申込んだその日のうちに、キャッシングを申し込んだ額の振込を本人名義の口座にしてくれます。だけど事前の審査でパスした途端に、本人口座にお金が入るという手順とは違うキャッシング会社もあるのです。
借りた金額のうち銀行からの部分は、総量規制対象外。だからカードローンでの融資を考えているなら、なるべく銀行がいいと考えられます。これは本人の1年間の収入の3分の1以上になる金額については、例外を除いて借りることは無理だという規制であり、最近よく聞く総量規制なのです。

突然お金が必要になってキャッシングとかカードローンを利用して、希望通り融資してもらって借金ができることは、全然珍しくないのです。今時は女の人しか借りることができない女性にはありがたいキャッシングサービスも登場しています。
特に大切な審査を行う場合の基準は、本人の信用に関する情報です。もし今までに何かしらローンの返済の、長期間の遅れや未納や自己破産などが記録されていると、残念ながら即日融資を実現することはどうしてもできません。
大部分のカードローン会社だと、初めての利用者をターゲットにした365日ご利用いただけるフリーダイヤルをきちんと準備しています。相談をしていただく際には、あなた自身の過去と現在の融資の可否にかかわる情報を正確にお話しいただかなければいけません。
新たにキャッシングをしようと考えている場合、ある程度まとまった現金が、出来れば今日にでも入金してもらいたい方が、きっとたくさんいらっしゃると思います。この頃は信じられませんが、審査に必要な時間わずか1秒だけでOK!という即日キャッシングだってあるので大丈夫ですよね。
融資は必要だけど利息は限界まで払いたくない!そんな人は、融資を受けた後の最初の一ヶ月だけは金利がタダ!という、ぜひ利用したいスペシャル融資等が実施されていることが多い、消費者金融会社(いわゆるサラ金業者)からの即日融資を利用していただくことを一番に考えてください。

消費者金融業者が行う、当日現金振り込み可能な即日融資の流れは、とんでもない速さを誇っています。即日融資の大部分が、まず午前中に完全に申し込みが終了して、融資のための審査が何事もなく予定通りいくと、夕方までには必要なお金が口座に送金されるという流れなんです。
カードローンを申し込める会社には、まずは信販系の会社、総量規制の対象になる消費者金融系の会社といった種類の違いがあるわけです。種類別だとやはり銀行関連の会社は、他に比べて審査時間が必要で、即日融資については、困難な場合もかなりあるようです。
最近実施会社の数が増えている一定期間(最大30日間)の、利息が1円も発生しないという無利息キャッシングなら、ローンで融資してくれた金融機関への返済額の合計が、無利息期間分は必ず安くなるわけなので、それだけ得することができるのです。ちなみに利息不要でも審査項目が、一般よりも通過させにくくしているなんてこともないのです。
あなたがキャッシングを考えているなら、事前の下調べは必要なので忘れないで。あなたがキャッシングのための申込をするのであれば、利子についても事前に把握しておくことが大切なのです。
なめた考え方で便利なキャッシング審査を申込んでしまうと、普通なら問題なく認可されるはずだと思われる、よくあるキャッシング審査でさえ、通ることができないケースだって十分ありうるので、あまり軽く考えないほうがいいでしょう。
1,2、万円ですが、毎月となるとやはり負担は大きい物で、ファッション、化粧品代を節約していました。
ローンがあれば欲しい物を手に入れられる範囲はとても広がりますが、感覚がマヒしてしまうと感じました。
その後、中古の車をローンで買いましたが、それ以来ローンは組んでいません。
今は結婚していますが、主人もなるべく現金払いをしたい人なので、結婚して年ローンは組んだ事がありません。
車を新車で買いましたが、お金をためてから現金で買いました。今後もマイホーム以外はローンは組みたいとは思いません。家も近々購入を考えていますが、なるべく頭金を作り、ローン額は少なくしたいと思っています。
あまり気づきませんが、ローンの利子代は相当高くて勿体ないと思います。マイホームでしたらなおさらです。
通販で家電などもローンで手数料負担しますという宣伝をよく見て、時々心が揺れますが、やはり現金主義は貫きたいなと思っています。

 

 

大学費用

大学4年間でどれくらいの費用が掛かるのか調べてみました。

大学の費用は国公立か私立か、文系・理系、自宅通学か自宅外なのかによって大きくかわります。
もちろん大学によって差があるもののデーターに基づいて目安額で見てみようと思います。
初年度は受験料や入学金などの大学納付金や自宅以外なら部屋探しから入居までの新生活の10尾費用なども掛かります。

学費は授業料や施設費や教科書代といったものが含まれています。大学在学中の生活費としては通学費や食費、住居費や光熱費、保健衛生費、娯楽費や嗜好費などが含まれますね。

まずは、国公立に進んだ場合に掛かる費用。

国公立大学に自宅から通う場合は、初年度約173万円、2~4年目で約112万円。4年間の合計では約509万円。

自宅外に通う場合は、初年度約279万円、2~4年目は約173万円、4年間の合計は約799万円です。
私立大学に進んだ場合はの自宅通学だと、初年度約201万円、2~4年目約147万円、4年間の合計は約640万円。

自宅外への通学の場合、初年度約305万円、2~4年目約206万円、4年間の合計は約922万円と約一千万円近い費用が掛かります。

理系・文系・歯科系・私立医薬系など選択した大学によっては一千万円を超えて約三千万円もいるところもあります。

こうしてみてみると、子供を学校に行かせるためには相当の費用が掛かりますよね。

ここの学校は費用が高いから止めて欲しいなんて、子供が夢を持って行きたいと言った場合に親のお金事情で諦めさせるわけにはいきませんよね。

そういった時に、奨学金制度や学費ローン、教育ローンなどを利用する主婦の方も多いようです。どうしてもまだまだ不景気で給料は上がらないのに出るものは増えるっていうのに見舞われていますからね・・・

専業主婦が借りれるカードローンは使っちゃいけない!

ローンを組んだり奨学金を利用したりして進学させてあげることはできますが、どうせなら借金はせずに行かせてあげたいですよね。。

なので子供が生まれた時から、そういったことを想定して地道に貯金をしていく必要があると思いますね。

 

 

 

子育ては大変ですがいろいろな工夫をして楽しく過ごそう

子育ては、大変な事が多いと私は思います。

例えば2歳から5歳くらいまではベランダやお風呂場やキッチンでの怪我に注意しなければなりません。実際うちの子供は、キッチンに置いてある炊飯器の蒸気を触って軽い火傷をしてしまった事があります。直ぐに冷やしたので、大丈夫だったのですが小さな子供は何をするかわからないので目が離せません。

また、幼稚園や小学校は習い事の種類の多さを子供達や親までもが比較して、自慢する様な事がありました。我が家も書道と水泳と塾と英語に通わせて競っていたのです。それと、特に小学校では勉強や運動が出来ない子供が馬鹿にされる事が多かったので、我が子は馬鹿にされたくないと思って、マラソン大会の前などは子供が足が速くなる様に毎日一緒に走ったりもしました。とにかく親子で馬鹿にされたくない一心で勉強も運動も頑張っていました。

しかし、残念な事に小学校では上履きや筆箱が無くなる騒動などがあり、うちの子供も小学校5年生の時に筆箱が無くなった事がありました。私は担任の先生に相談しましたが、先生は犯人探しをしないと言って、結局筆箱は見つからないままでした。その筆箱が無くなった時は、何人もの児童の筆箱が無って結局みんなの筆箱も出て来る事はありませんでしたが、先生が児童達全員に、道徳の時間に心の授業をしたみたいなので、うちの子供を含めて、筆箱が無くなった児童達は心が傷つく子供はいなかっかた様です。

なので、小学校は難しい時期と言われますが、困った事があれば学校の担任の先生に相談して、担任の先生が駄目な時は学年主任の先生に相談すると、困った事がスムーズに解決しますし、我が子は女の子なので、男の担任の先生に言えない体の悩みや不調などは、保健の先生に相談していました。

小学校の時代は親子で学校の友達やママ友達関係に悩む事があるかも知れません。そんな時はスクールカウンセラーの方に時間を取って頂いて親子で相談をすると良いと思います。スクールカウンセラーの人は相談された悩みは公にしたりしないので安心して相談できます。子育ては大変ですが、いろいろな工夫をして大変な時期を楽しく過ごしましょう。

現在は我が家の子供たちも大きくなり手も掛からなくなってきているのでそんなに大変だとは思いませんが、やはり小さいころは大変でしたね。我が子なので大変でも可愛くて仕方ないのは確かなのですが。。。

子供も大きくなってきて、お金が掛かるようにもなってきたので、だいぶのブランクはあるのですが薬剤師としてもう一度働きたいって考えています。

高松市で薬剤師の求人を探しているところです。

こういったサイトから・・・http://xn--gmq12gpyn3lji3fix6be84a.com/

ブランクがあるっていうのが一番のネックですね。。。ブランクがあっても~なんて書いてくれていたりするのですが、果たして本当に採用してもらえるのかどうか((+_+))

 

 

ムダ毛の悩み特集

【長年、ムダ毛に悩んでいます】

私は、長年、ムダ毛に悩んでいます。足のすね、腕、の毛が濃い目です。
口の周りのまだらなひげも、ずっと悩んできました。高校生、学生の頃は、こまめに剃刀で剃ったり、脱毛剤を使いましたが、すぐに生えてきてちくちくするようになるのがまた嫌でしょうがなかったのです。

こまめに手入れをするとなると、毎日です。それは大変なので、冬は、肌も出さないので、あまり、手入れはしていませんでした。

けれど、顔はそういうわけにはいきません。忙しくしていると、いつの間にか、硬いひげが、まだらにちょこちょこっと出ているのです。

天気や、光の加減で、人には、とてもそのひげが目につくようで、子どもや、友達に、「ひげがはえてる!」と笑われたことが、心の傷です。

気が付くと、とげぬきではさみ、引っ張りぬきます。痛みが少々ありますが、剃刀で剃るよりも、目立たなくなり、生えるまで時間がかかるので、抜いています。

髪の毛等、抜くと生えなくなると聞いたことがありますが、私のひげは、抜き続けても、生えてくるので、長年の悩みです。毎回同じようなところに、太い毛が生えます。

エステの永久脱毛なども考えましたが、お金がかかるし、恥ずかしい思いで、今日までいったことはありません。

すね、腕は噛みSりで、剃りますが、怪我をしたり、一部分が残っていたり、恥ずかしい思いも経験しました。

みんなの腕も足も、そんなに濃くなくて、自然のままでもおかしくないので、それがとてもうらやましいです。不思議なことに、わきの下はさほど濃くならず、わりとほっておいても平気です。脇も若い頃は抜いていたので、生えてこなくなっているのか?まだらですが少量で、薄めなので、助かっています。

その分、腕、ひざ下が濃くなっています。これからの夏は、ひざ下の出ている服を着たり、上着も半そでなので、油断せていると、剃った後のちくちくが、みっともなく目についてしまいます。

もうおばさんだからいいやとあきらめつつも、やっぱり、女なので、見られているわけではなくても人目は気になり、恥ずかしいなと、落ち込むときが、いまだにあります。

【ワキとアンダーヘアをなんとかしたい】

私のムダ毛は人と比べて濃いほうなんですが、特に濃くて困っているのがワキとアンダーヘアです。

ワキもアンダーヘアも、カミソリで剃るとチクチクと生えてきた毛がかゆみを引き起こし、辛いです。とくにワキは汗をかきやすいので、かゆみがぶりかえしてきて湿疹ができたりもします。

きれいなワキに憧れるんですが、なかなか自分ではケアすることができません。

汗がたまるとワキから強い刺激臭がするので、いつも制汗剤を持ち歩いてトイレでこっそりスプレーしたりしています。他人に気づかれやしないかいつも不安を感じています。アンダーヘアは自分で処理してもきれいにできないのが難点です。

剛毛なので剃ると黒い点々ができてかっこ悪いし、生えてきた毛の毛先がパンツからツンツンと出てきて恥ずかしいこともあります。

ほかの人はどんなふうにケアしているのか知りたいけどはっきり聞けないし、自分だけがこんなに剛毛なのかと思うと悲しくなるし、彼氏には見せられないしかなり悩んでいます。

そこで、脱毛サロンで永久脱毛してしまおうかと思っています。そのほうがコストはかかりますが時間も手間も省けてきれいになるし、いいかなと思っています。

プロとはいえスタッフの人に自分の裸をまじまじと見られると思うとそれはそれで恥ずかしいんですが、その場限りだと思えば我慢できるかもしれません。せめて太く濃い毛が細くなって、自分でも処理しやすい状態に持って行けたらそれだけでもいいと思います。毎日お風呂場でカミソリで剃るのはもうこりごりです。

力を入れ過ぎて肌が傷ついて血がでてしまったり、剃ってばかりいて肌が黒ずんでしまったりもします。やはりここは脱毛サロンに頼るしかないのかもしれません。

知人の話だと、脱毛サロンに行けば回数も選べてキャンペーンなどで安くしてくれるところもあるし、若い女性から年配の方まで幅広い年齢層の方が来ているとのことだったので、自分と同じように悩んでいる人は多いのでしょうか。

~~~脱毛について~~~

毛質や毛の本数などは、個人によって少しずつ違いますから、多少の差はあるものの、VIO脱毛を始めてから端的な成果が身に染みるようになる処置回数は、平均してみたところでは3、4回ほどになります。

大半の方が少なめに見ても、一年ほどは全身脱毛処理に時間を費やす状況になります。一年間で○回通えますというように、取られる時間や通う回数が設定されているというケースもかなりあります。

米国電気脱毛協会という世界的な脱毛機関により、「永久脱毛というものの定義については、全ての施術が完了後、1か月後の毛の再生率が処理前の状態の20%以下である状態をいう。」とばっちり定められています。

専門医のいる医療クリニック等で全身脱毛を受けると、大変高価になり、ある程度お金がないと申し込む気にはなれませんが、脱毛エステにすれば、月々わずかで済む月払いで気楽に利用できるのです。

人気がうなぎのぼりというVIO脱毛を体験してみたいけど、数あるうちのどの脱毛サロンでお願いするのが一番いいか悩んでいる、そんな問題を抱える人のためにVIO脱毛のコースがある口コミでも評判の脱毛サロンを、人気順のランキングという形でご紹介!

部分ごとに脱毛するのもいいですが、最初から全身脱毛にすれば、1度の申し込みだけで全身を処理することが可能になり、ワキのムダ毛はないのに背中が不味いことになってる…なんていう失態も心配しなくてよくなります。

そういや、今は40代や50代の方も脱毛をしている人多いみたいですよ。若いころは当時脱毛が高くてお金がなかったりしたけどやっとお金にも余裕ができてから通い始めるという人が多いのでしょうね。詳しくは≪こちら≫を参考にしてみてください。

ムダ毛が目立つということばかりか、親しい人にさえ相談したくないムレや体臭等のトラブルetc…が、あっさり解消したなどという例が数えきれないほどあり、vio脱毛は注目を集めています。

剃刀で処理したり、毛抜きで1本ずつ抜いたり、脱毛クリームを塗って溶かすなどというやり方が、代表として挙げられる脱毛手段と言えます。なおかつ多彩な脱毛手段の中には、永久脱毛と称されるものも入ります。

ミュゼが施術するワキ脱毛が人気がある理由の一つは、無制限で納得するまで通えるところではないでしょうか。料金についても初回に支払うだけで、それからあとはタダで存分に利用できます。

数あるエステティックサロンの多くが、体験コースとしてのワキ脱毛をお得感のある値段で実施し、初めてのお客さんに十分に満足してもらった上で、それ以外のところについても利用してもらうというような段取りで新しいお客さんを取り入れています。

最初から永久脱毛処理を施したように、徹底的に綺麗な状態にするのが一番の目的ではなく、ムダ毛を薄くできればOKという意向であれば、脱毛サロンでできる光脱毛で足りるときもよく見受けられます。

約二年施術を続けることで、大方がほぼ目立たなくなるほどワキ脱毛ができるそうなので、結果を急がないでざっと二年くらいで満足できる水準に脱毛が終わると心に留めておくといいでしょう。

脱毛サロンや美容クリニックは、キメが整った美しい肌になる効果もあるそうです。いい点がどっさりある全身脱毛できちんと脱毛し、自信を持って披露できる健康的な美肌を実感したいですね。

単価、サロン全体の雰囲気、脱毛の手順等不安に感じる点は多いと思います。意を決して初の脱毛サロンにトライしてみようとの計画がある場合、サロン選びのところから頭を抱えてしまいますよね。

レーザー脱毛あるいはフラッシュ脱毛は、メラニン色素に作用して脱毛するという脱毛方法であるため、メラニンをあまり含まない産毛だったら、たった一度で確たる効果はほぼ出ないと考えてください。

精神と睡眠から考える健康

中学生の頃、私は運動部に1年間だけ入っていました。毎朝7時から朝練があり、少なくとも6時には起きなければ遅刻してします。学校の授業ももちろんありますから、午後の練習も終えて家に帰ると、頭も体もへとへとです。普通だったら、早めに寝て次の日に備えるのでしょうが、夜になり親が寝静まった後、私は趣味のネットサーフィンを深夜3時までしていました。必然的に睡眠時間も短くなります。そんな毎日を過ごしていました。
小学生の頃は、毎日学校で友達と楽しく遊び、授業に真剣に取り組み、夜になるとすぐに寝るという生活でした。そのおかげか、私は忌引きを除いて、小学校6年間を無遅刻無欠席、周りの席の子がインフルエンザで休んでも自分だけは元気、土曜日に嘔吐、日曜に点滴・回復、月曜に元気に登校という健康児そのものでした。少し体がだるくても学校で友達と遊べると思うと、体のだるさも気になりませんでした。しかし、そんな楽しい毎日も、小学校卒業と同時の引っ越しによって終わってしましました。
引っ越しにより環境は変わって戸惑っていましたし、入学した地区の中学は地区の小学校とほぼ同じ地域で、自分以外の同級生はみんな友達同士という環境でした。私は、どうやって話しかけたらいいかわからず、毎日がとてもつまらなく感じ、学校にも行きたくなくなりました。中学の部活は強制入部では無かったにもかかわらず、両親は先生に電話で交渉をしてまで私を運動部に入れました。嫌で、嫌で仕方ありませんでした。
それからは、前述の通り楽しくない学校生活、運動部の厳しい練習と少ない睡眠時間、そんな毎日の繰り返しでした。睡眠時間も少ないので当然授業中は眠くなり、集中でできなくなり、入学当初は総合点で8~9割あった成績もどんどん下がっていきました。成績が下がり、勉強しなければならない。寝ずに勉強しなくては。明日が嫌だ。授業に集中できないという、まさに悪循環でした。そして中学1年目の冬、私はインフルエンザで、初めて学校を休むという経験をしました。両親もさすがに運動部は私の体力がついていかないと思ったのか、部活を辞めることを許してくれました。その後、私はどの部活にも所属しませんでしたが、体調を崩すこともほとんどありませんでした。しかし、その時失ったものはとても大きかったのです。それからの授業も1年の内容がほとんど頭に入っておらず、思い出そうとすると気持ち悪くなります。中学卒業までにはいくらか持ち直すことができましたが、それでもあの時もっと勉強していたら、などの後悔で押しつぶされそうになります。
これらの経験以来、私毎日が楽しくなるような考え方を心がけ、夜は睡眠時間を優先するようにしています。毎日楽しく元気に過ごしていれば、昼のうちに活発な活動ができ、夜は自然に眠ることができますが、逆に明日や明後日嫌だなあと思いながら過ごすと、一日を気怠くすごし、夜も気持ちよく眠りにつくことができません。たとえ、運動が健康に良いとされていても、やりたくないことを無理にやることは、体にとっても心にとっても健康とは言えないのではないでしょうか。